新橋烏森通り歯科 インプラント

  • インプラントとは
  • インプラントの治療
  • インプラントの費用・保証
  • 骨の再生治療
  • メンテナンス

骨の再生治療

骨の再生療法

他院で、顎の骨が薄いため、少なくなったためなどの理由で、インプラント治療が困難と言われた場合でも、当院では可能な場合があります。インプラントを埋め込む手術に必要なだけの骨の厚みを、骨の再生手術によって得ることが可能です。

GBR、サイナスリフト、ソケットリフトなどの方法があります。

GBR 骨再生誘導療法

GBRとは、歯周病などによって顎の骨が溶けてしまった部位に人工骨及び、

自家骨を用いて、骨の再生をはかる手術のことです。

骨再生誘導療法

サイナスリフト 上顎洞挙上術

上顎には、サイナス(上顎洞)と呼ばれる空間が存在します。歯周病などによって歯を失ってしまうと、上顎の骨が薄くなってしまいます。こういった場合に、空間部分を押し上げる手術をサイナスリフト(上顎洞挙上術)といいます。これによってインプラントを埋入するための充分な骨の厚みを作る事が出来ます。ソケットリフトと比較すると、より大きな範囲の骨の造成が可能ですが、その分傷が大きくなり、治療の時間はかかります。

サイナスリフト 上顎洞挙上術

ソケットリフト

基本的にはサイナスリフトと同じ考えですが、上顎の骨の吸収度合いが少ない場合に行う方法です。サイナスリフトと比較すると、骨の厚みがある程度必要で、適用範囲が限られますが、傷が小さくてすみ、治癒が早いなどのメリットがあります。

ソケットリフト

当院でのインプラント治療の特徴

インプラントは自分の顎の骨の中に人工の歯根を埋め込む治療です。

インプラントを希望する方のほとんどが重度の歯周病(歯槽膿漏)などで歯を失っています。これがとてもやっかいな事なのです。

重度の歯周病で歯を失う時に、同時にインプラントを埋め込む土台となる顎の骨もほとんど吸収されてなくなってしまっています。


ではインプラントはあきらめなくてはいけないのか?

その必要はありません。上記(代表的な方法)のような方法で、顎の骨を再生することによりインプラント治療が可能になります。


大前提として”天然歯に勝るものなし”という考えは変わりませんが、歯を失ってしまった方の悩みを解決する治療法としてインプラントは一つの選択肢になると思います。


先ずはご相談ください。

ご予約フォームはこちら

お問い合わせフォーム

当院のご案内

東京都港区西新橋2-6-3 越後屋ビル1F

新橋烏森通り歯科

咬み合わせセルフチェックシート