新橋烏森通り歯科 インプラント

  • インプラントとは
  • インプラントの治療
  • インプラントの費用・保証
  • 骨の再生治療
  • メンテナンス

インプラントの治療

インプラントの治療

他の治療同様、十分な診査カウンセリングが大切なことは、インプラントにおいても変わりません。

インプラントは以下のような流で治療を行っていきます。

術前検査

術前検査

インプラントを埋入する位置を決めるための歯型を採ったり、CT撮影(提携先の専門医療機関で行う)及び全身疾患のある方はそのための検査を行ったりします。

術前検査
治療計画

治療計画

検査の結果をふまえて、インプラントの本数や治療期間、その他の部位も含めた補綴処置(さし歯など)、インプラント前、あるいは同時の骨再生手術の有無など、どんな治療にも言えるのですが、個々によって違う治療計画を企てなければいけません。

当院では、方法、期間、費用を含め、個々に最もあった治療計画をたて、十分なカウンセリングによりご理解いただいてから治療に入ります。

治療計画
治療(前処置)

治療(前処置)

先ずは計画に沿って、手術前に必要な処置を行っていきます。感染を防ぐためのクリーニングや、小さな虫歯の処置程度の場合もあれば、大きな補綴処置(さし歯や入れ歯など)や、抜歯、骨再生手術など比較的大がかりな処置を必要とする場合もあります。

治療(前処置)

インプラント手術

インプラント手術

インプラントの埋入(本体を埋め込む手術)は口の中の処置とはいえ外科手術であり、感染のリスクを避けるため、当院では徹底して滅菌した器具、ディスポーザルの器具(個々のための使い捨て)などを用いて、最新の注意を払っています。

当然、手術前はゆっくり休み、体調を整える事もとても大切です。

手術を受ける側の問題で感染のリスクが上がってしまうからです。(宿主側の免疫力、抵抗力の低下)

当院では、術前に改めて注意事項などを説明して、患者さまに安心して手術を受けていただけるよう努めています。

インプラント手術
補綴、上部構造の作製(クラウン、ブリッジなどのさし歯や入れ歯)

補綴、上部構造の作製(クラウン、ブリッジなどのさし歯や入れ歯)

手術後、約3〜6ヶ月でインプラント体の上に人工歯(さし歯)を作る準備を始めます。

通常、仮歯を作成、装着し、細かい調整の後、人工歯を作製していきます。

補綴、上部構造の作製(クラウン、ブリッジなどのさし歯や入れ歯)

当院でのインプラント治療の特徴

インプラントも、他の治療同様、快適に長く保つためには定期的なメンテナンスがとても重要です。

更に、患者様自身も治療内容や方法、インプラントと天然の歯の違い、他の治療方法との違い、などその特徴を理解しておかなければなりません。


当院では、治療前に手術の方法や内容、上部構造(差し歯)の材料や特徴、各々の咬み合わせの特徴、完成にかかるまでの期間、メンテナンスの重要性など様々な事を理解してもらう事を重視し治療をおこなっています。


先ずはご相談ください。

ご予約フォームはこちら

お問い合わせフォーム

当院のご案内

東京都港区西新橋2-6-3 越後屋ビル1F

新橋烏森通り歯科

咬み合わせセルフチェックシート